結婚って苦行なんだろう

 日本では現在19パーセント(男23%、女14%)の人が

生涯独身です。


結婚して本当に幸せと思っている人は

どのくらいいるのでしょうか。

【SPONSORED LINK】
 

皆婚が異常

1960年代以降の高度成長期の時代は、

ほとんどすべての人が結婚していました。

これは長い日本の歴史を見ても異常な状態で、

今の方が正常になってきたと言う人類学者もいます。

 

結婚の現実

男女とも9割が結婚願望を持っていると

言われていますが、結婚の現実は厳しいものがあります。

 

結婚して最初の3ヶ月くらいは幸せだったけれども、

その後はお互い煩わしくなってへとへとになる

なんてことはよく聞く話です。

本当の気持ちを言ったら相手が傷つくからと

段々言わなくなり、表面的な結婚生活になっていくと

何のために結婚しているのだろうかと悩むことになります。

 

誤魔化す心

子供が出来たら子供に気持ちを集中させて、

なるべく夫婦の事は無視するようになる。


長年そうしていると、二人だけになった時に

その空間が無性に苦しい空間になってきます。


二人が同じ空間にいることが苦しくても、

離婚の不利益なことを天秤にかけて、

しかたなく一緒にいる辛さを感じなくするような

生き方になっていきます。


旦那が定年退職した頃に熟年離婚する気持ちは

分からなくはありません。


酒とはいくら付き合っても離婚する気にならないのは

よほど惚れているのでしょうか。

スポンサーリンク

 

あなたの夢が叶いますようにポチットしてください

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ