禁酒日記 13日目

こだわらない心

禁酒生活もいよいよ終盤になり、酒を意識することはほとんどなくなった。

以前は、朝職場に行った時から晩酌のつまみは何にするかとか、夜にビールを美味しく飲むために昼食はあっさりしたものにしようとか、アルコールの事を常に中心に考えていた。

居酒屋で宴会がある日は、昼食を抜いてすきっ腹で最初のビールをキュッと美味しく飲もうなどと常に考えていた。

過去からの決別

こんな生活が長年続くと慢性的な栄養失調にもなっていたと思う。

それが益々精神状態を悪くしていって、さらに酒の量が増えるという悪循環だった。

こんな風に、自分の過去を冷静に振り返ることが出来るのも禁酒と坐禅のおかげである。

酒に飲まれている時は、働いた金で好きな酒を好きなだけ飲んで何が悪いみたいに常に自分を正当化することしか出来なかった。

スポンサーリンク