心の洗濯はなぜ必要なのか!心の仕組みを知ろう

毎日の仕事、家事などが終わると風呂に入り、

体の汚れを落として湯船に浸かり

体をリフレッシュします。

 

衣服も汚れたら洗濯して

きれいな服を身に付けると気持ちが良いものです。

心もさまざまなストレス、心労、妬み、嫉妬などにより

汚れきっているのが普通ではないでしょうか。

心の洗濯をしていますか。

【SPONSORED LINK】
 

 

自分のことが一番見えにくい

何十年も生きていると、仕事、家庭、近所付き合いなど

さまざまなストレスにさらされて

ヘトヘトになっているのが普通だと思います。

それなのに人は元気に振る舞い

弱みを見せない生き方が普通になり、

自分の心の疲弊にも気付かずに生きている人が

たくさんいます。

 

病気をして

自分を客観的に見ることができるようになって初めて、

自分の生き方が間違っていたと気づくことも多々あります。 

 

ストレス発散が難しい時代

スポーツをしたり、釣りをしたり趣味に没頭しても

一時の気休めになるけれども、

心の根本の疲れは取れにくいのではないでしょうか。

 

趣味のサークルなどに行っても、

そこでの人間関係に疲れて

ストレス発散ができないこともよくあることです。

 

人の1番のストレスは人間関係といいますが、

どこに行っても人間関係はつきまとってきます。

 

心の汚れは気づきにくい

何をしてもつまらない、元気が出ない、

意欲が全く湧かないなど

人生に疲れ果ててしまうことはよくあることです。

 

これといった原因がある訳ではないのに

このような状態が長く続くときは、

うつ病などの精神疾患のこともあります。

しかし瞑想などにより心の洗濯をすることで

良くなることがあります。

 

瞑想は心の洗濯ができる

瞑想と聞くと何か難しい信仰だとか

教義があるのかと敬遠する人もいるでしょうが、

雑念、妄想などにとらわれない強い心がつくために、

心の洗濯ができるのです。

 

瞑想には色々な種類がありますが、

日本古来からある坐禅も

心の洗濯には最適な方法になります。

www.kagayakujinsei.com

心の洗濯の仕組み

瞑想をするとなぜ心の洗濯ができて

楽に生きることができるのでしょうか。

 

人が悩み苦しむのは実は心に妄想があるからなのです。

これは2500年前にブッダが悟りを開いて

見出したことなのですが、

これは現代社会でも全く変わっていません。

 

瞑想をすることにより、

この心の妄想が減っていくために

悩み苦しみが減り、生きることが

非常に楽になっていきます。

 

妄想が少なくなると、勝手な思い込み、

疑心暗鬼などの不必要な思考が減り

心にへばりついたストレス、心労、妬み、

嫉妬などが減っていき心の洗濯ができるのです。

 

例えて言うと、日本の古都である京都の温泉旅館で

リラックスした休日をゆっくり過ごすことと似ています。

心も体も洗われてエネルギーが充満するのを感じるはずです。

 

しかし坐禅などの瞑想にお金は一切かかりません。

皆さんも是非とも瞑想によりリラックスした

より良い人生を歩んでみませんか。

 

スポンサーリンク

 

 

あなたの夢が叶いますようにポチットしてください

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ