愛情ホルモンのオキシトシンについて

ネット時代に一番大事なことは愛情豊かに生きること!

オキシトシンは脳から出るホルモンで、

別名愛情ホルモンとも言われています。

オキシトシンが多く出ると、

人に対して愛情を持って接することができて、

人間関係が円滑になります。

 

スキンシップの重要性

オキヒトシンを多く出す方法は、

一言で言ってスキンシップになりますが、

具体的にはハグ・握手をする、相手を思いやる、

恋愛をする、映画などで感動して涙を流す、

褒める、おしゃべりをする、朝日・夕日を浴びる、

出産時、腹式呼吸をする等、

人と触れ合ったり感動したり、

ある意味誰もがするような行為から生まれてきます。

 

なぜ今オキシトシンが話題になる事が多くなったかというと、

やはりこのようなスキンシップ、人を思いやる気持ちが

少なくなってきたからではないでしょうか。

 

希薄な人間関係

特に最近のネット時代、若者も人と触れ合う機会が更に少なくなり、

人間関係を結ぶのが苦手な人が多くなり、

今後益々オキシトシンの重要性が叫ばれてくると感じています。

 

恋愛などをすればオキシトシンの量が一気に増えますが、

恋愛自体も面倒な若者が増えています。

 

外国などで挨拶に抱擁したり、ほほを合わせたり、

キスをしたりすることは愛情表現だけでなく、

オキシトシンの増加にも一役かっていたのですね。

【SPONSORED LINK】
 

オキシトシンの効果

以前、アルコールに依存していた時、

全てが自分中心にしかものを考えることが出来なくなり、

人と接することもままならない状態になり、

何とかしようと色々ネットで調べたところ

オキシトシンのことを知りました。

 

オキシトシンは外部からも摂取することができ、

個人輸入代行により点鼻薬としてネットで販売されています。

欧米では以前から販売されていたこともあり、

藁をもつかむ思いで購入してみました。

実際2か月間ほど使用してみましたが効果は実感されませんでした。

 

効果のある人もいるのかもしれませんが、

このようなホルモンをどのように抽出しているのか分かりませんが、

点鼻薬として摂取して効き目があるとは考えにくいです。

 

愛情表現された結果としてオキシトシンホルモンが

体内に分泌されるのであって、

オキシトシンホルモン自体が癒し効果を

もたらしてくれる訳ではないのです。

 

自己責任での使用

ネット時代、海外で発売されているサプリメントなどを

個人輸入代行で購入出来ますが、

完全に個人の責任での使用になります。

そのためには、自分で詳しく勉強して判断し

使用することが重要になってきます。

 

ネット上の能書きを全て信用して購入するのは

あまりにも危険が潜んでると感じます。


昔の日本の生活のような、愛情を持って人と接することは

今後益々重要になってきますが、もう一度スキンシップなど

人を思いやる心を取り戻す時期に来たのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

 

あなたの夢が叶いますようにポチットしてください

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ