セントジョーンズワートというサプリメントを使ってみる

うつ症状に効くハーブ

40歳半ば頃から、アルコール依存と共に

うつ症状が酷かった。

周りの目を気にして病院には絶対行きたくなかった。

色々調べていると、セントジョーンズワートが

うつ症状緩和に良いことが分かりました。

ドイツでは数十年前から抗うつ薬として処方されているなど、

世界的に実績があるハーブです。

セイヨウオトギリソウと呼ばれるハーブの一種で、

不眠症や更年期症状緩和に実績があることも分かりました。

 

丁度ネットで世界中から買うことができる時代になり、

アメリカからその成分をサプリメントにした錠剤を

購入しました。

最初は特に効果を感じられず半分あきらめていたが、

1カ月を経過した頃から徐々にですが

うつ症状が緩和されてきました。

これは良いと感じて、15年間程飲みました。

漢方薬にような穏やかな効き目

実感としては、急激な効果は期待できないけれども

ほんわり効果があると感じました。

漢方薬も効くまでに時間がかかり、

西洋の薬のように即効性がないのと同じで、

うつ症状も少しずつ改善されていきます。

 

うつ症状に効果があったと共に、

自分の実感としてはアルコール依存症の

離脱症状の緩和にすごく効果がありました。

 

重症でないうつ症状があり、

病院には行きたくない人にはお勧めです。

ネットですぐ買えるし、手軽なのが良いです。

自分の経験から言って、セントジョーンズワートペリカ

一番効果がありました。

これはドイツの製薬会社の協力で開発されたもので、

ヒペルフォリンという有効成分が普通のよりも濃度が高く

効き目が実感されました。

 

実生活面では、このサプリメントを飲まなければ

おそらく病院に入退院を繰り返していたと思いますが、

本当に助けられました。

 

しかし、坐禅をするようになり

徐々に飲む回数を減らしていき、

今では全く飲んでいません。

うつ症状の治療は幅広い情報が必要

どんなものでもそうですが、

自分以外の事に依存してしまうと

抜け出すのが大変になります。

 

自分は坐禅という方法で今ではビタミンの

サプリメントくらいしか飲んでいませんが、

何にでも依存するのは禁物です。

 

うつ病で病院に行き、何年も大量の薬を処方されて

それでも良くならない知人がいますが、

現在の医学でもうつ病を治すのは難しいと言います。

 

昔ながらの病院の治療任せにするのではなく、

幅広く情報を得てサプリメントなどで対処していくのも

必要な時代なのかもしれません。

スポンサーリンク

 

あなたの夢が叶いますようにポチットしてください

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ