雄時と雌時ってなんだろう

人生は良いときも悪いときもある!チャンスをつかむ勘を鍛えよう

運の不思議

約600年前に、観阿弥が人生には雄時と雌時があると言った。

雄時というのは運が良い時という意味で何をしても上手くいき、

いわゆる調子に乗ってる時のことです。

 

雌時というのはその逆で、

運が悪く何をしても上手くいかず調子が悪いことを言います。

観阿弥とは歴史的な能の大家で、当時の将軍・有力者などに

好まれていました。

 

自分の人生を振り返っても、

どうしてこんなに不運が立て続けに起こるのだろうと嘆いてみたり、

また何をしても全てが調子よくて気持ち悪いくらい上手くいく時もあったりで、

人生の不思議を嫌というほど感じてきました。

これと同じ事を600年前の室町時代の人も感じていたのです。

 

雄時と雌時の過ごし方

雄時の時にはおごらないで、雌時の時にはじっと耐え忍び、

また自分を見つめ直し自分を成長させる時でもあることを

忘れてはなりません。

 

昔から、「かふくはあざなえる縄の如し」と言うように、

人生は雌時で不幸ばかり続くこともないのでじっと雄時を

待つしかありません。

その時に、チャンスの神様には前髪しかないと言う言葉があるように、

めぐってきたチャンスはためらわずにものにしなければ

すぐに逃げていきます。

 

そのタイミングをつかむことが上手い人は雄時を迎えることが

出来るけれども、下手な人は自分の人生は辛くて

耐え忍ぶことばっかりと感じてしまいます。

【SPONSORED LINK】
 

チャンスのつかみ方

自分の経験から言って、考え過ぎは絶対いけません。

人の思考は物事を解決する能力が高いように思いますが、

直感に較べるとかなり劣ります。

 

考えることはもちろん重要なことですが、

それは自分の家で寝る前にゆっくり済ましてしまい、

普通の活動をしている時には活動に専念した方が

全ての面でうまくいくのです。

 

ほとんどの人は、何か活動しながらも頭の中は別の思考で

一杯になっています。

考えてもしかたのないことを、堂々巡りで考えたりするので

チャンスの時にそれをつかむ勘が働かないのです。

 

チャンスは目立たない姿で現れることがほとんどなので、

思考していては気づかないのです。

 

勘の鍛え方

坐禅は座って行いますが、作務という動きながらする坐禅の考え方が

あります。

掃除をするにも、料理を作る時でもその作業に専念して

他のことを考えないという修行です。

 

普段歩いている時でも歩くことに専念して、

車を運転している時でも運転に専念して、

なるべく雑念を起こさないようにします。

 

そうすることによって心と頭がクリーンになって勘が鋭くなってきます。

これは思考で疲れた頭の休息にもなりますし、

是非とも今に専念する生活を試みてください。

一月もすると人生が変わり初めますよ。

 

スポンサーリンク

 

 

あなたの夢が叶いますようにポチットしてください

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ