読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人は何を求めて生きているんだろう

働いている時は辛いことが多いので、早く定年まで働いて

退職後は悠々自適に旅行に行ったり、温泉に行ったり

気楽に過ごしたいなんて思うものである。

 

しかし特に日本では仮に60歳で定年退職したとしても、

ほとんどの人が嘱託とか契約社員など待遇は以前とかなり落ちるけれども

働き続ける人が多い。

 

年金の支給時期が65歳からという理由もあるかもしれないが、

かなり裕福な人達も65歳まで働くというのが普通になってきた。

理由1

将来の年金額も少なくなる一方なので、経済的な理由から

出来る限る働けるうちは稼いでおこうというものである。

理由2

数十年働いてきていきなり隠居するとボケたり病気になるというものである。

理由3

働いてるときはほとんど家にいなかったので、退職後いきなり家にいても

居場所がないというものである。

 


おおむねこの三つに当てはまるのではないだろうか。

いずれにしても夢がなく寂しい限りである。

 

特に日本人はレジャーなどの楽しみ方が下手だということもあるが、

海外では退職後は世界一周したり、夫婦でキャンピングカーで国中を

回るなど退職後の生き方は様々である。

 

ただ何事もなく無難に生きても果たして幸せなのだろうか。

 

年を取ればとるほど何かの夢が無ければ生きていくことが苦しくなってくる。

 

もちろん小さな夢で十分であるが自分がワクワクする夢が良い。

 

スポンサーリンク

 

あなたの夢が叶いますようにポチットしてください

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ