他人と比較しない生き方

人はどうして他人と比較するのでしょう。

物心がついた小学生の頃から、

人は何かと他人と比較する人生を生き始めます。

高校受験、大学受験、就職場所、結婚相手など

事あるごとに他者と比較してしまいます。

そしてほとんどの場面で、

他者より劣っていることに落胆することになるのです

【SPONSORED LINK】
 

他人との比較では幸せになれない

それは上には上が必ずいるからです。

スポーツの大会でも、50人が出場しているなら

勝者は一人なので49人は敗者となり

落胆することになります。

 

比較しない生き方

このように大部分の人が敗者になるのが

人の背負った人生なのです。

隣の芝は良く見えると言いますが、

たとえ自分より劣っていることでも

他者の事は良く見えるものなのです。

 

人と比較した場合、利点としては競い合い

共に成長することがありますが、

ほとんどの場合は失意になります。

そうであるなら、人の事を気にしないで生きるのが

最重要課題となります。

 

比較しないための方法

自分の生き方に自信のある人は、

人と比較する必要はありません。

自信があると他人の事はどうでもよいのです。

生き方に自信がない人は、他人と比較して

自分の位置を確かめる行為が必要になります。

 

他人は他人、人それぞれ個性を持って

何らかの使命を持って生まれてきたことに確信を持てば、

他者は気にならない生き方ができます。

 

特に日本人は、皆中流意識を持ったまま育っているので

自然と優劣を付けたがる傾向にあります。

自分の感性を信じて、グローバルな視点で物事に対処すると

自ずと他者は気にならなくなってきます。

スポンサーリンク

 

 

あなたの夢が叶いますようにポチットしてください

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ