心のミニマリストになる方法!瞑想は体も心も洗濯してくれる

最近ミニマリストという生き方が

非常に流行っています。

ミニマリストとは持ち物をできるだけ減らし

必要最小限のものだけで暮らす人という意味です。

 

バブル時代が 終わりどん底の日本経済を経験し、

その逆境の中で皆真剣に自分の生き方を模索し

編み出されてきた生き方がミニマリストという

生き方ではないでしょうか。

 

 日本も成熟した時代を迎えようとしている

兆しと感じます。

ミニマリストとは持ち物のことが主ですが、

心もミニマムで生きることができれば

そんな素晴らしいことはないでしょう。

スポンサーリンク

   

現代社会の歪み

人は皆、幼少期は汚れのない

純粋な思いだけで生きています。

しかし自我が芽生える頃から、

自分と他人を区別するようになり、

次第に自分が一番大事だという生き方に

変化していきます。

 

学校の成績は偏差値で分けられ、

受験戦争という荒波に否応なく巻き込まれ、

他者を排除する自分本意な生き方に

なっていきます。

 

そんな中で人を思いやる優しい人は

社会についていけなくなり、

うつ病を発症したり引きこもりになったりします。

 

優しさを感じられないような人達が

受験勉強に勝利して、社会人になり

さらに競争社会を突っ走ることになるのです。

 

そうなると世の中は社会に適応した

利己主義な人で溢れ、何でも手に入るものは

手に入れてしまうような人が横行して

格差社会が生まれてしまいます。

 

そうなるとミニマリストとは真逆に生きる人が

横行してしまいます。

そんな現実社会に嫌気がさし、

その反動で出てきたのが

ミニマリストという生き方なのです。

 

心のミニマリスト

ミニマリストという考えは

持ち物に対することで、

心に対してはほとんど言っていません。

 

実は心がシンプルになってくると、

持ち物や自分の行いなどすべての面で

ミニマリスト的な生き方になってくるのです。

心をシンプルにするための一番の近道は

坐禅などの瞑想法なのです。

 

瞑想の必要性

数千年前から続いている坐禅などの瞑想法は、

考え方をシンプルにするためのメソッドです。

 

有名な話ではアップル創始者のスティーブジョブス、

マイクロソフト創始者のビルゲイツ共に、

若い頃は瞑想を行なっていました。

そしてあの有名なアップルとマイクロソフトが

誕生したのです。

アップルのロゴマークを見ても分かるように

非常にシンプルですし、

製品も装飾などほとんどありません。

シンプルな思想が貫かれているのが

ヒットに繋がっているのです。

坐禅などの瞑想をするとどのような変化があるのかは

下記の記事を参考にしてください。

www.kagayakujinsei.com

 このように瞑想することにより

心のミニマリストになり、

持ち物行いなどがすべてシンプルになってくるのです。

これが本当のミニマリストではないでしょうか。

 

現代の病

人は目に見えるもの、

例えば部屋を掃除したり、

風呂に入り体を洗ったりするのは

当たり前のように誰しもやっています。

 

しかし心も掃除して綺麗にしてやらなければ

ゴミがたくさん溜まりシンプルな考えが

できなくなってきます。

丁度パソコンがデータで一杯になり

動きが鈍くなるのと似ています。

 

今の時代は情報に翻弄されて皆頭でっかちになり、

頭の中はゴミだらけで機能不全になっているのです。

パソコンの場合は不必要なデータを削除して

デフラグなどをすれば元の状態に戻り

快適に使うことができます。

では人の場合はどうすれば

快適にすることができるのでしょうか。

 

心の洗濯

心を洗濯するには瞑想が一番効果があります。

瞑想には様々な方法がありますが

一番シンプルでやり易いのは坐禅です。

坐禅はただ座り呼吸に意識を集中すると

雑念が少なくなり心がすっきりします。

坐禅の方法は下記を参考にしてください。

www.kagayakujinsei.com

心がシンプルにクリアーになってくると、

不必要なことで悩むことも少なくなり

心を効率的に使うことができるようになります。

 

身の回りの持ち物についても、

不要なものは側に置いておくことが

苦痛になります。

食事も自分が本当に必要な栄養が分かり、

少量を摂ることで満足できるようになります。

 

まさに心と身体と持ち物のトータル的な

ミニマリストになることができるのです。

心と身体と物のミニマリストができるようになると、

エネルギーを浪費しないために

生きるエネルギーが湧き出してきます。

 

脳のエネルギー消費率は体全体の約20%と

言われていますが、考え方がシンプルになってくると

その消費率も下がってきます。

そうなるとエネルギーが体全体で有効に使われるため

非常に効率的な心身になってきます。

それがシンプルに生きるということなのです。

これが本物のミニマリストではないでしょうか。

 

未来に向けて

21世紀になると科学技術が進歩し、

病気も無くなり幸せな世界になるだろうと

ほとんどの人が想像していました。

しかし現実は心も体も病んだ人が増え、

幸福感も先進国の中で最低なのが

今の日本という国なのです。

 

2018年もまもなく終わろうとしています。

来年こそ本当のシンプルな世界が実現されることを

願いたいものです。

皆さん、ブログを見ていただき感謝しています。

良いお年を迎えてください。

スポンサーリンク