知ることが良いとは限らない!直感力を養う時代

自分の未来が分かる事ほど辛いことは

ないのではないでしょうか。

それと同じようにその人の人生のテーマ・

生きる意味などが分かってしまうと、

生きる気力が失せてしまうことがあるのです。

 

明日何が起こるか分からない、

自分が生きている意味が分からないから

皆明日に向かって気力を振り絞って

生きていくことができるのです。

【SPONSORED LINK】
 

 

余計な知識

最近テレビを見ていて気づくことは、

健康番組、若返りなど知識に重点を置いた番組が

多くなったことです。

 

ある番組では牛乳が良いと言い、

他番組では悪いと言う。

脂質は取らない方が良いと言ったり

悪いと言ったり様々です。

 

今の時代は、知識の豊富さではなく、

情報をいかに選択しそれを利用することができるかが

鍵なのです。

たとえ本当に良いという習慣、食べ物が分かったとしても、

それを継続してやる能力がなければ

知らないことと同じなのです。

 

情報が意味を持たない時代

インターネット上では途方のない情報があり、

一人の選別力では到底選ぶことができません。

 

例えば検索で足の痛みを調べてみても、

何十万にも及ぶホームページ、ブログがあり

一人が一生かけても見切ることはできないし

選ぶことすらできません。

そんな情報に何の意味があるのかとさえ

思ってしまいます。

 

結果的にグーグルのコンピュータが選別してくれた、

せいぜい10くらいのホームページを見ることで

全てを判断することになるのです。

それで自分が選択したことになるのでしょうか。

 

本物の選び方

今のような時代では未来を予測することが

難しくなって、新しい選択眼が必要になります。

そんな中での羅針盤、それは直感なのです。

 

直感は100パーセントのことはありません。

しかし坐禅などの瞑想により直感力を鍛えて、

その確率を上げていくことはできるのです。

 

正解を得るところはテレビでもインターネットでも

本からでもないのです。

自分の心の底から出てくるものを頼りにして生きていく時代が

やっと来たと言えるでしょう。

 

スポンサーリンク