人間的魅力ってなんだろう

悩み苦しむことが人間的魅力をつくる!旅に出よう

時は流れる

人間的魅力とよくいうけれど、どうすれば高めることができるのだろう。

 

若い男性は冒険的な野性味溢れた生き方で人を魅了することができるし、若い女性はピチピチした美貌によって人を引きつけることが出来るのではないでしょうか。

 

しかしそれも人生の一瞬の出来事であり、やがて経済力を失ったヨレヨレの風貌の男と、もはや美貌には頼れないやつれた女にあっという間になるのが人生です。

 

そんな時期には、経済力も美貌もない本当の人間的魅力だけで勝負しなければならなくなります。

【SPONSORED LINK】
 

思いやる心

特に若い頃に何も努力をしないでも持てたりチヤホヤされたりした人は、切磋琢磨をおろそかにしてきたために他者の気持ちを思いやれない人が多いのではないでしょうか。

 

そんな人が中年を過ぎて、個人の人間的魅力だけで勝負をしなければならない時期になって焦ってみても、真の人間的魅力は短期間では研磨されません。

 

真の魅力

人間的魅力を付けるのは、歳を取ってからでももちろん可能ですが中々変われないのが人間というものです。

 

一番人間的魅力を高めることが出来るのは、若いうちにとことん苦しんで何とかそれをクリアすることです。

仕事でも恋愛でも友人関係でもどんなことでも悩み苦しむことは必ず人生の糧になります。

 

若くして会社を興し一時期成功することもあります。

しかしそんな人生も永遠に続くことはありません。

倒産して心身ともに絶望することもあるでしょう。

しかしそんな地獄を経験し立ち直った人は、不思議と魅力ある人になっているのです。

 

 また若い時に海外に旅などをして、途上国の本当の姿に触れたり、

その国の人々との触れ合いを通して自然と身に着いた人間的魅力ほど

人を惹きつけるものはないでしょう。

 

そんな人生を歩んでこなかった中高年の人達も諦めることはありません。

今はバックパック一つで格安な旅ができる時代になりました。

10年前の半額で世界中旅ができるのです。

先進国をめぐるのではなく、途上国にじっくり腰を据えた旅をお勧めします。

その国の価値観をじっくり感じて認めることができるようになると、不思議と人間的に大きくなるのです。

 

そのような人生を歩んだ魅力ある人は、社会でも必ず必要とされ貢献するものです。

やはり苦労は買ってでもすれという諺は生きています。

 

スポンサーリンク