人間関係ってなんだろう

本当に分かり合える友人は数人で良い!IT時代の本物の生き方

悩みの根源

世の中の悩みの9割は人間関係が起因すると言われています。

職場、家族、友人関係など人が集まれば必ず問題が出てくると覚悟した方が良いでしょう。

 

嫌われる勇気

その時に一番良い解決策は人に嫌われることを受け入れることです。

周りに10人いた場合、4人まで嫌われても自分は気にしないと思うと気が楽になります。

6人以上に嫌われていると思った場合、自分に何らかの問題があり改善しなくてはならないと悩めばよいのです。

 

誰からも気に入られたいと皆思うから苦しむのであって、過半数くらいまで嫌われるのは当たり前だと覚悟したら人は苦しまないで生きていけます。

【SPONSORED LINK】
 

IT時代らしい人間関係

SNSなど数千人の繋がりがある人はざらにいるらしい。

ネットで繋がることにどんな意味があるのでしょうか。

顔も名前も知らない匿名の人を何万人知っていたところで、「いいね」とか星を多く貰うくらいで自分の人生に影響力はないでしょう。

 

ブログなどで稼いでいる人は、多く繋がった方が利益になるだろうが、いつ切れてもおかしくないしそのことをあまり重要視しない方が良いでしょう。

若い人で友達が数万人いるなどと言う人もいるが、もちろんそんなのは友達でも何でもないただの生きずりでしかない。

 

少数精鋭の同志

これからの人間関係は少数精鋭型が良いと思います。

職場でも家族でも友人関係でも本当に濃密な人間関係を結ぶ人は、

気の合った数人で良いと思うしそれより多いと災いのもとになります。

 

わざわざ災いの火種を多く作りエネルギーを消耗するよりも、本当に必要な人間関係に絞り生きていく方がこれからの時代にマッチするし、多くのつまらない知り合いがいたところで自慢できることは何一つないでしょう。

 

今後の更なるネット時代、本当に分かり合える少数の人間関係は何よりも強い味方になるでしょう。

 

スポンサーリンク