人はいつになったら安らげるのだろう

学校を卒業したら安心した生活が待っている、

定年退職したら安らぎのある幸せな日々が待っている、

あの資格を取ったら良い会社に入れて

最高な幸せな日々が待っているなど、

人は常に未来に向かって生きています。

【SPONSORED LINK】
 

 

未来に生きるという事

自分の思いのベクトルを常に未来に向けていると、

当然のこととして今現在に気持ちを傾けることが

疎かになってしまいます。

 

いつか良いことが待っていると想い続けると、

常に今が劣っていると考えるようになってしまいます。

そうすると未来に良いことが待っているので、

今を犠牲にする生き方になるのです。

 

それでは50年たっても常に幸せを追い求める事になり、

幸せな安らぎを得ることは決して出来ません。

 

本当の幸せ感

生き物は今この瞬間に100パーセント生きることが

最も合っているのです。

 

しかし人間は大脳新皮質を持った事により、

過去を嘆いたり未来の心配をしたりなど、

どんどん今を疎かにして来ました。

それでは決して生きてることの幸せ感を

得ることはありません。

 

動物を見ていて不幸に生きていると

感じることはないはずです。

それは今この瞬間に全て生きているからなのです。

 

人はしかめっ面をして辛そうに生きている人が

多すぎます。

それは今この瞬間を生きていないからなのです。

 

いつか良くなる的な考えを止めること

人は過去に生きることも

未来に生きることも決して出来ません。

生きる時間はこの瞬間にしか無いのです。

 

自分は未来をよりよくするために

今を犠牲にして生きているんだ、

などと考えている人ほど決して

幸せになることはありません。

幸せを感じる次元は今ここで、

しかもこの瞬間しか無いのですから。

スポンサーリンク

 

 

あなたの夢が叶いますようにポチットしてください

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ