自然と繋がることが大事

日本人は100年ほど前までは

自然と一体になって生きていました。

お祭りなども自然を崇拝する行為だし、

農業をするのも自然と共に生きるということになります。

【SPONSORED LINK】
 

デジだる時代の落とし穴

コンピュータを使い出したここ20年の間に、

人の生き方がガラッと変わってきました。

 

職場でも朝から晩までパソコンに向かい

仕事をする人が多くなり、

昔ほど仕事の楽しみを感じられ

なくなったのではないでしょうか。

 

何のために働いているのかと、

人生に悩んでいる人もたくさん出てきました。

また猟奇な犯罪が増えてきたのは

ゲームのせいではないかと言われています。

 

自然と繋がることが精神を安定させる

デジタル時代を危惧して、

小学生を山村の学校に行かせるのが

流行っているという。

 

ゲームなどを朝から晩までやるのを

防止するためだという。

山村の学校に行くと朝から晩まで

土いじりなどして、

学力はつかないけれども

精神の安定などの情緒教育には最適だという。

 

人間の本質

そもそも人は体を動かさなければ

正常に機能しない生き物なのです。

 

人類の歴史は600万年あるのですが、

体を使わなくなったのは

ほんの数十年前からなのです。

 

こんなに急に生活様式が変わって

おかしくなるのが当たり前なのです。

この変化が特に精神的な部分に

影響しているのが大きいといいます。

 

動物的感覚を取り戻そう

体を動かすことはもちろんのこと、

自然に触れたりして動物的本能を

取り戻すことが本当に重要なのです。

 

それができない人は、ヨガ、気功、坐禅など

人間本来の力を取り戻す方法は沢山あります。

是非とも自然体に戻ろうではありませんか。

スポンサーリンク

 

 

あなたの夢が叶いますようにポチットしてください

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ