運が良くなる生き方

f:id:kagayakujinsei:20170912045520j:plain

家族、友人、知人などを見ていると、

何をやっても運の良い人と、

逆に何をやっても運の悪い人に分かれます。

その差は何処にあるのでしょうか。

【SPONSORED LINK】
 

プラスイメージとマイナスイメージ

良く言われるのは、運の良い人はプラスイメージが強く、

運の悪い人はマイナスイメージが強いということです。

しかし、プラスイメージをいくら強化しても、

マイナスイメージも同時に強化してしまいがちなのが

人間なのです。

 

プラスイメージを100%信じ切ることは、

子供時代から失敗イメージを強化してきた人には

至難の業といえるでしょう。

 

 おまかせの境地

世の中で自分の思い通りにいくことって

どのくらいあるのでしょうか。

 

人が多く絡んでくる場面では

ほとんど思い通りに事は進んでくれません。

それぞれの人に我があるために、

知らず知らずに我のぶつかり合いになり

方向性が一致しないのです。

 

そんな時は、力ずくで物事を進めても

決してうまく行くことはありません。

押しても引いても駄目なら、

大きな流れに身を任せ漂ってみるしかないのです。

 

運のつかみ方

運の悪い人はメリハリのない努力を続けていることが多く、

ここぞと言う時にエネルギーが消耗して

踏ん張りが効かないことが多いのです。

 

常に川の上流にボートを漕いでいるようなもので、

長い人生では続くものではありません。

 

運の良い人は人生の流れを直感的に感じ取り、

逆風の時には流れに身を任せ、

順風になった時には一気に踏ん張りを効かせる

効率の良い生き方が出来る人なのです。

 

人の持っているエネルギーは

誰しもそれ程変わらないものです。

そうであれば、いかに効率的にエネルギーを使うかが

人生の分かれ目になってきます。

スポンサーリンク

 

 

あなたの夢が叶いますようにポチットしてください

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ