いじめはなぜ無くならないのか

今も昔も小学生にもなるといじめは始まります。

働いてからもいじめの世界はずっと続くものです。

小学生のように露骨には行わないにしても、

陰険ないじめは必ずあるものです。

【SPONSORED LINK】
 

いじめられやすい人

自分の職場に新入社員が入ってきました。

自分の直属の部下になりましたが

内気で外交的な性格ではなく、何となく

いじめられやすいタイプだと思いました。

 

案の定、特に体育会系の人達から

いじめられるようになってきました。

同じ同期の仲間からは、見て見ないふりをされて

段々孤立していきました。

自分は上司なので体育会系の人に注意しましたが、

今度は陰で陰湿ないじめが始まりました。

 

このようなことは昔から何処の学校、職場でも

日常茶飯事のように繰り替えされているのです。

 

いじめは無くならない

いじめは誰が考えてもいけないことです。

いじめる人は100%悪いと誰もが思います。

いじめはあってはならないのは言うまでもありません。

 

しかしどうして悪いことだと皆が分かっていることが

無くならないのでしょうか。

それには意味があるからです。

誤解を恐れずに書くとすると、

いじめは人間が生きるための知恵を授けてくれる

行為であると考えることは出来ないでしょうか。

 

いじめられることにより、人は自分のことを反省したり

勉強したりして高まっていきます。

実際有名なメンタリストは、

いじめられたことがバネになり猛勉強をして

現在は誰もが認める人材になっています。

 

またいじめる方も無事に済むわけではなく、

表面には出なくとも人間性を疑われたり

周りから色々な反動が来るものなのです。

それを経験することにより成長していきます。

 

いじめにより社会は成長する

大きな捉え方をすると、いじめが組織を

まとめる役割をしていることもあるのです。

 

戦争時代に勝利という目標のために

皆が人殺しになり団結したように、

大きな組織には常識では中々受け入れることが

出来ないことも必要なのです。

 

例えば、一人を生贄にして全体をまとめるような事も

必要になってくるのです。

リストラも同じことで、少人数を犠牲にして

全体の利を選ぶということなのです。

 

このように考えると、

いじめも決してマイナス面ばかりではなく、

無くてはならない組織を活性化させる

起爆剤にもなるのです。

 

いじめを助長することでは決してありませんが、

何事にも不必要なものは無いという立場から書きました。

スポンサーリンク

 

 

あなたの夢が叶いますようにポチットしてください

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ