自分が決めただけの人生が手に入る

長い人生に無理は禁物!あなたは生き急いでいませんか

 

【SPONSORED LINK】
 

人生の流れ

子供の頃は、将来は何にでもなれてどんな夢も叶うと

信じていたのではないだろうか。

それが歳を重ねるごとに一つ諦め二つ諦めと

夢の範囲は狭められてきます。

 

就職を決める段階になると、給料はどうだとか

年休は何日取れるかなど現実的な選択をせざるを

得なくなってきます。

 

職業生活に入り更に人は夢を無くし、

夢のない上司に洗脳されて

人生はそんな甘いものではないと叩き込まれる。

 

配偶者も自分にお似合いの適度な人で妥協して、

決して冒険はしません。

 

子供が生まれると、自分たちの子供だからと

あまり子供に期待するようなことも無く

無難に育て上げます。

 

出世にしても、適度な中間管理職で満足して

同期と争うことを嫌います。

 

そろそろ職場も定年が近づくと、第二の人生として

無難な子会社に就職を決めて、65歳まで

安給料で張り付くように仕事をしていく。

 

これが自分を含めた平均的なサラリーマンの

姿ではないでしょうか。

 

自分が決めただけの人生

このような人生は、一見つまらない

どこにでもある生き方に感じませんか。

しかし、このように生きることは

並みはずれた忍耐力が無ければ

継続していけないものなのです。

 

平凡だからこそ耐え忍ばなければならないことも

たくさんあるのです。

平凡な人生にも、数え切れないほどの事件、事故、

困難なことはもちろんあります。

 

よく若い人は、波風のあるメリハリした人生を

送りたいと言います。

しかし波風があると長い人生を生き切ることは

容易なことではないのです。

 

普通の体力・気力の人は、波風のない人生しか

送れないと言った方が良いでしょう。

そんな人が、波風のある人生を選んでしまうと

ストレスに耐えきれずに病気になったりして

波乱万丈の人生になることもあるのです。

 

普通に生きることが最高に素晴らしいと思えた時に

人生は輝きだすのです。

スポンサーリンク

 

 

あなたの夢が叶いますようにポチットしてください

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ