人生には無駄なことはない

ある程度の歳になってくると、

若い時に受けた理不尽なことであっても、

その後の人生において重要な意味があったことに

気づくことがあります。

【SPONSORED LINK】
 

点と点がやがて面になる

点と点が結ばれて面になるといいますが、

その時には全く気が付かないけれども、

後で振り返ると糸と糸が折り重なって

織物ができるように見えてくることがあります。

 

あたかも誰かが仕組んだ物語のようになっていると

思うことさえあります。

 

ある有名な禅僧が曰く

「どんな人でも未だかってただの一度も失敗したことが無い」

と言いきります。

それは一時期失敗したと思うことでも、

将来必ずそれは何かと結びついて実を結ぶということです。

 

出会いの不思議

人との出会いでも、不思議な縁はたくさんあります。

特に夫婦の関係では、あたかも生まれる前から

約束してきたような縁もあります。

 

その出会いによって人生の意味を

考えさせられる縁もあります。

その人とでなければ気づくことができない縁もあります。

病気との出会いにより、本当の自分の生きる道に気づき

その後の人生が好転することもあるのです。

どんな縁でも無駄なことは一つも無いのです。

 

人との出会いほど人を成長させてくれるものはないでしょう。

一人の人と出会う確率は60億分の1という

途方もない稀なことなのです。

それを偶然と片付けるか必然と見るかは

人それぞれ違いますが不思議なことに変わりはありません。

 

未来を紡ぎだす点と点

将来を見据えながら事前に点と点を結ぶということなど

我々には出来ないことです。

どの点とどの点が面になるかすら

全く見当が付かないものなのです。

我々に出来ることは、点と点が将来何らかの形で

必ずつながると信じることしかないのです。

しかもその点には一つとして無駄なものがないのです。

 

後から振り返った時それが必然(運命)だった

ということが理解できるのです。

何かを信じるしかないのです。

それがどのような必然(運命)であろうとも、

自分の心に従うことに自信が持てるようになるからです。

スポンサーリンク

 

 

あなたの夢が叶いますようにポチットしてください

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ