禁酒すると生きる力がみなぎってくるのはなぜだろう

自分の経験から言って、禁酒をすると

生命力が非常に強くなってくることを経験します。

これは疲弊した肝臓が元気になってくるからです。

【SPONSORED LINK】
 

肝腎要の肝臓

肝腎要と言いますが、

肝臓と腎臓は人間の臓器の中でも

特に重要な役割を担っているということです。

 

腎臓は二つありますが肝臓は一つしかないために

代替えが効きません。

その機能が失われると即死につながります。

 

肝臓の機能

肝臓の機能は3つあります。

一つは糖・脂肪などを使える形にして貯蔵して

必要に応じてエネルギーとして供給することです。

 

二つ目はアルコール・老廃物などの有害物質を分解して

解毒することです。

 

三つ目は胆汁を生成して分泌します。

 

アルコールの害

アルコール=肝臓と言われるように、

肝臓は有害であるアルコールを分解処理をします。

アルコールを常飲すると肝臓で処理出来なくなり

最終的に機能が失われていきます。

 

その過程で自分が一番感じた症状は、

非常に疲れやすくなることです。

何をするのも億劫になり

活動することが出来なくなるのです。

 

もう一つの症状として精神的な落ち込みです。

うつ症状と言って良いでしょう。

肉体的疲労と精神的な落ち込みの二つが襲ってくると、

もううずくまるしかない状態になります。

そうなると更にアルコールに頼るようになります。

 

アルコールを飲むと少しの間は元気が出るように

錯覚するのでのめり込んでいきます。

 

禁酒の効果

肝硬変などの重い疾患になっている場合を除き、

禁酒をすると肝臓は急速に健康を取り戻していきます。

2週間もあれば肝機能の数値も正常になり、

体全体が活性化されてきます。

 

そのように肝臓はもともと強力な再生能力があるのです。

 

そうなると人生の流れが変わってきます。

自分が本当にしたいことが分かってきたり、

生命力が活性化してくるのです。

生命力が活性化すると生きる力がみなぎってきます。

そうなると生きることが楽しくなってくるので

酒中心の生活からも抜け出しやすくなってきます。

 

是非とも禁酒をして肝臓を守りたいものですね。

スポンサーリンク

 

 

あなたの夢が叶いますようにポチットしてください

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ