人間嫌いという生き方

世の中には色々なタイプの人間がいます。

人間嫌いと言われる人も多くいます。

【SPONSORED LINK】
 

人間嫌いの原因

人間嫌いになる一番の原因は、

相手から嫌われているという

勝手な思い込みによるものです。

 

他人から悪口を言われている、

避けられていると思い込み、

自分から先に相手を嫌いになってしまうのです。

 

次に多いのが幼少期からの人付き合いの

挫折経験によるものです。

これは成長過程におけるいわゆるトラウマとして

残ることが多く、簡単には解消できないものです。

 

また人間嫌いになる人は、

本当は人から好かれたいという気持ちが

極端に強いために起こることもあります。

 

知り合いが家に遊びに来た場合でも、

相手に不愉快な思いをさせたら嫌われるかもしれないと

極端に部屋を綺麗にしたり、料理に異常に凝ってみたりと

常に相手の顔色をうかがい対応します。

 

人と気兼ねなく付き合いたいという思いが裏目に出て、

不自然な対応をして疲れきってしまうことも

よくあることです。

この精神的な疲労感をあじあうことを嫌い

更に人好きあいが苦手になることもあります。

 

人間嫌いでも立派に生きることができる

普通のサラリーマンであれば、

人と付き合うことも仕事の一部になりますが、

最低限の人付き合いしかしなくても

立派に生きている人はたくさんいます。

 

特に自分だけしか出来ない強みを持っている人は、

サラリーマンであろうと自営業をしている人でも

少々人付き合いが悪くても楽に生きていくことが出来ます。

 

日本人は特に人付き合いが苦手で

人間嫌いの人が多いとも言われていますので

全く悲観することはありません。

 

人間嫌いの治し方

自分もつい最近まで人付き合いが苦手で

人間嫌いに陥ていました。

家に知人が遊びに来ても

何とかやりとりはするのですが気を遣い過ぎて

すごく疲れてしまい、知人が帰ったら

ホットするような状態でした。

これは人に気に入られたいという気持ちが

極端に強かったための結果です。

 

何とか治そうと、心理学の本を読んだりして

自己否定感を払拭しようと試みましたが

ほとんど効果はありませんでした。

 

ところが坐禅を始めるようになってからは、

少しずつですが人間嫌いな性格も改善されて

今ではほとんど気にならなくなりました。

 

これは脳内にセロトニンが放出されるようになり、

自分に対する自信が生まれて、周りの事が

気にならなくなったことによるものと感じています。

 

自分の行動が周りの人にどう思われるかという、

人の評価ばかりを気にし過ぎていたことが

客観的に見えるようになったということです。

 

また幼少期からの人付き合いに対するトラウマも、

坐禅をすることにより普段は感じることができない

潜在意識部分を知覚することが可能になり、

自然治癒的に癒されていくものと感じています。

 

このように坐禅をすることは幅広く脳を活性化させるために、

万能薬のような効果が期待できるのです。

 

スポンサーリンク

 

 

あなたの夢が叶いますようにポチットしてください

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ