引きこもりという生き方

日本では引きこもりの数は年々増加して、

300万人はいると言われています。

【SPONSORED LINK】
 

新しい生き方

一昔前は、引きこもりと言うと

怠けているというイメージがありました。

しかし現在では病気やけが、うつ病などの

精神疾患による引きこもりも多いと言われています。

 

このような事情がある場合、

引きこもりであっても恥じることはないし、

ネットなどで収入を得ていて

経済的に自立しているのであれば、

新しい働き方と言っても良いでしょう。

 

過去に引きこもっていて、その間にIT技術を習得して、

現在は日本でも有数のIT企業の社長になっている方もいます。

引きこもりの時代は時間もたっぷりあるし、

何かを習得するには最適な環境なのかもしれません。

 

 交通費は掛からないし自宅で完結する働き方は、

エネルギーの無駄な消費もないので省エネ的には

最適な労働環境になります。

 

いつか外に出れれば良い

引きこもりには様々な理由・程度があると思いますが、

経済的に自立してまともな食生活を送ることが出来て、

人に迷惑をかけないのであれば

立派な職業と言えるのではないでしょうか。

 

世間の教義に惑わされないで

その生活を楽しんだら良いのです。

そして、いつの日か外の世界が

恋しくなる時期が来たならば

外に出れば良いのです。

焦ることはないのです。

自然にそうゆう時期は来るものです。

自然体でいきましょう。

 

経済的自立の方法

自立できない引きこもりは、

お金を稼ぐ方法を見つけなければなりません。

何故かというと、親兄弟などに

経済的に頼れない時期が必ず来るからです。

 

その時になって慌てても遅いのです。

今の時代はネットで稼ぎ生活することは

それ程パードルの高いことではありません。

 

住むところが確保されているのであれば、

月に3万円もあれば十分生きていくことは

出来るでしょう。

 

十分な時間はあるのだし、

その気になれば1年間もあればネットで稼ぐ方法を勉強して、

収入を得ることは可能な時代なのです。

スポンサーリンク

 

 

あなたの夢が叶いますようにポチットしてください

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ