独身という生き方

少子化などで人付き合いの苦手な人が

益々増えてきています。

周りを見ても40歳前後の独身の男女は

いたるところに目立って増えてきています。

【SPONSORED LINK】
 

生き方を選ぶ時代

30年前は30歳を過ぎても独身でいると

白い目で見られたものです。

変わり者との烙印を押されたり、

出世にも影響するために、

結婚をしたくない又は向かない人でも

結婚せざるを得なかったのです。

 

今は出産などの年齢制限のある歳になっても

結婚に見向きもしない女性も大勢います。

このままいくと大変な時代になると感じる人も

多いでしょう。

 

北欧などではかなり昔からシングルマザーに

手厚い社会保障がなされていて、

結婚という形は意味をなさないものになっています。

 

しかし日本では未だに結婚という形を取らないと、

特に女性には不利な社会保障制度となっており、

北欧に比べ30年は遅れていると言われています。

 

結婚の必要性

女性も働くことは当たり前の現在では、

結婚の必要性に疑問を感じる人もたくさんいます。

男性もコンビニで食料には不自由しないし、

自分以外に気を使うことが億劫になり

一人暮らしを選んでいる人も大勢います。

男女共に結婚の必要性を感じないのが今の時代なのです。

 

個人を楽しむ時代

今は家族、職場など大勢で楽しむ時代ではありません。

皆それぞれが好きなことを好きな時にして、

他人にあまり興味がないので

楽しみを共有する気にもならないのです。

 

また、人と一緒にいることが苦痛な人は

一定の比率でいるので、

無理にパートナーを作らなくても

良い風潮になっています。

 

これからの時代は、自分の好みに合わせた生き方を選べる時代だし、

ワクワクすることであれば遠慮なく行うことが出来ることは

幸せな時代ではないでしょうか。

スポンサーリンク

 

 

あなたの夢が叶いますようにポチットしてください

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ