過去の記憶ってなんだろう

人は膨大な過去の記憶を持っています。

しかしそれをすべて記憶していると、

いわゆるハードディスクがパンクしてしまう

状態になるので、必要と思われる記憶を残して

後は忘れたふりをしている状態になっています。

しかし、自分の生死にかかわることや、

重大な事態に陥ると忘れていた記憶がよみがえり

助けになることがあります。

【SPONSORED LINK】
 

良い記憶と悪い記憶

人は良いことばかりの人生ではないので、

悪い記憶もたくさん記憶しています。

その悪い記憶が今の人生に悪い影響を与えて

人を消極的にしてしまうこともあります。

 

悪い記憶がすべて悪いことではありません。

小さな怪我をすることは人命にかかわる

大きな怪我の予防として働いてくれます。

失恋の記憶もその後の人生の人を思いやる

優しさにつながっていくのではないでしょうか。

 

記憶は今に左右される

記憶にはどうしても生きていくのに邪魔になる

マイナスな暗い記憶もあります。

人それぞれの長い人生には人に語りたくない経験、

思い出などたくさん詰まっているのも事実です。

 

そのような記憶を自分から消してしまいたいと

思っている人も多いはずです。

今最高に楽しんでいる時は

過去の辛い記憶も良いものに変わってしまうし、

今辛く悲しんでいるときは過去の楽しかった記憶も

悲しいものに変わって見えるものなのです。

 

今生きている時の状態が過去の記憶の

基準レベルになるともいえます。

 

心の暗闇をなくす方法

そうであるなら、あやふやな子供のときから

積み重ねてきた否定的な記憶は、

今楽しい時間を過ごすことによってしか

変えることはできないということです。

 

過去の記憶の内容は変えることはできません。

しかし記憶に対する自分の見方、

感じ方は変えることができるのです。

 

その唯一の方法が今この瞬間を楽しく生きることなのです。

それならば、今を楽しもうではありませんか。

楽しいことがなくても楽しいふりをして

笑顔でいると楽しくなってくるものです。

誰も見ていなくても、笑顔で暮らしてみませんか。

スポンサーリンク

 

 

あなたの夢が叶いますようにポチットしてください

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ