幸せになれないのはなぜだろう

幸せになれないのは自分の思考の責任!考えない生き方をしよう

【SPONSORED LINK】
 

 

幸せになれない生き方

人は幸せになりたいとよくいいます。

しかしそれでは絶対に

幸せになることはできません。

 

なりたいとは未来系だし、

今は幸せではないということです。

未来は今の積み重ねである以上、

今は幸せでないのだから

永遠に幸せになることはできません。

 

貯金箱に例えると分かりやすいと思いますが、

毎日100円を30日間貯金箱に入れると

月3000円になります。

毎日の100円が小さな幸せのことで、

一月後に貯まる3000円が幸せとします。

 

毎日(今)が幸せでないと、

つまり100円を貯金しない限り

一月後もゼロで幸せにはなれません。

 

幸せになる生き方

幸せになる秘訣は

いかに今を幸せと感じることに尽きます。

 

例えば子供とうまくいかなくて毎日が苦痛で

幸せに感じることなんか絶対できないと

思っているお母さんがいるとします。

 

それでも24時間常に一緒に居るわけではないし、

子供が家にいないときもあると思います。

また寝るときは子供と別々に寝るとすれば

その時間も一人になれるわけです。

今に生きるとは、子供と一緒に居るときは

苦痛を感じてもそれを受け入れる、

そして子供が居ないときは子供のことを忘れて

他のことに生きるということです。

 

この切り替えは練習をしなければ

普通の人には難しいと感じるかもしれません。

しかしこの練習がまさに坐禅なのです。

 

幸せになれない生き方

不幸になる生き方は、悩み、苦痛、

うまくいかない事を1日中考える生き方です。

 

考えて結論が出ることは

いくら考えても良いと思います。

 

しかしほとんどの悩みは

考えても結論など出ないことが

多いのではないでしょうか。

 

格言

キリスト教には、

「自分に変えられないものを受け入れる落ち着きを!

変えられるものは変えていく勇気を!

そして二つのものを見わける賢さを!」

という言葉があります。

 

まさにこの考え方が今に生きる坐禅の考え方と

通じるところがあります。

 

洋の東西、生きていくための知恵は

共通するものがたくさんあります。

 

幸せの近道

悩み事など、いくら考えても結論が出ないことは

考えないことに尽きます。

 

そして幸せになる秘訣は、

今を無理にでも幸せと思うことです。

そのためには日々の自分の行動を意識して、

例えば茶碗を洗っている時は、

茶碗を洗ってることになりきり、

掃除をしているときは

掃除をしていることになりきり、

他のことをなるべく考えないことです。

 

考えても幸せになれなかったのですから、

考えない生き方をしてみませんか。

 

スポンサーリンク

 

 

あなたの夢が叶いますようにポチットしてください

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ