少し悲しい方が幸せだろう

つまらないお笑いを見るより悲しみを受け入れた方が幸せになれる

最近のお笑い

最近のテレビを見て感じることは、

面白くないことには価値がないと言ってるかのような

お笑い番組ばかりで呆れてしまう。

 

笑うことがそんなに楽しいことなのだろうか。

お笑いで、悲しかったり苦しかったりすることが

癒されるのだろうか。

今のお笑い番組は面白いのではなく、

笑ってくれとテレビ側から強制されているような不自然さがあります。

他の人が笑うから面白いのだろうと、

仕方なく合わせて笑う。

頼まれてもいないのに皆「桜」化しているみたいです。

【SPONSORED LINK】
 

じゃれ合うだけの空しさ

本当の笑いとは、

自然とこみ上げてきて吹き出すように笑うものだけれども、

今の笑いは頬を上げるだけの作り笑いのようだ、

誰に媚びを売る訳でもないのに。

 

芸人と言われる人達も、ただ芸人同士がじゃれ合って

笑っているだけでお客さん達が笑ってくれるので、

自分たちが面白い芸をしていると勘違いしている。

とてもではないけれども芸と呼べるものはほとんどない。

全員が騙されごっこをしてるようなものです。

 

少し悲しい生き方

悲しいことがあるから楽しいことも感じられるし、

楽しいだけの人生はあり得ません。

悲しみが少し多い方が人に優しくできるし、

自分に素直でいられると思います。

 

実は少し悲しみが多い人生の方が気づきも多くなるし

幸せなのかもしれない。

 

スポンサーリンク

 

 

あなたの夢が叶いますようにポチットしてください

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ