星ってなんだろう

星空の感動

ニュージーランドのテカポという

世界で一番星が綺麗に見える所に行ったことがある。

そこで見える星は見事なもので、

天の川は日本で見える何倍も鮮明に巨大に見えた。

南十字星など北半球では見ることが

出来ない星も見えて感動したことがある。

旅行、出張などした時は、必ずその地で

夜は星を眺めるのが習慣になっている。

f:id:kagayakujinsei:20170530064748j:plain

 (テカポの星)

 

 星の不思議

それほど星には不思議な魅力があると思う。

古代から人は夜空に見える星をどのように思ってきたのだろうか。

刻々と変化する星空を不思議な世界と感じていたことだろう。

オリオン座とかさそり座など古代ギリシャの神話に出てくるが、

神の世界と捉えていたのだろう。

夜空を見上げるときはいつも神聖な気持ちになる。

懐かしいような、

夜空に吸い込まれるような

太古の昔にタイムスリップするような

気持になるのは自分だけだろうか。

小さな悩み事など吹っ飛ぶような

星空のスケールの大きさに圧倒される。

 

空海が悟りを開いた時に、

金星が体の中に入ってきたという逸話もあるが、

宗教と宇宙は切り離せない関係にある。

それほど昔の時代は宇宙が身近に感じられたのだろう。

【SPONSORED LINK】
 

星を見る余裕

今の時代、毎日星を眺めている人はどの位いるのだろうか。

都会では街灯などにより星空が見えにくくなっている

こともあるが、なるべく星を見る機会を増やし

無限の宇宙を感じることは、

自分の心の内面を気づかせてくれる良い機会となる。

星を見る余裕もなく毎日忙しなく働いていると、

心も委縮して益々生きずらくなってくるのではないだろうか。

今生活に息詰まってる人は、

たまには夜空を見上げて悠久の素晴らしさを感じるのも

必要なのかもしれない。

 

無限の世界

星空を眺めている時の心は、

坐禅をしている時の心と共通するものがある。

心の奥底が穏やかに活性化して、

本能が目覚めてくるような感覚になってくる。

それは両方とも無限を相手にしているからかもしれない

 

スポンサーリンク

 

 

あなたの夢が叶いますようにポチットしてください

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ