幸福ってなんだろう

幸せの設計図

子供の頃からずっと幸せを求めてきた。

ほとんどの人もそうだろう。

中学生になると良い高校に入って、そして良い大学に入って、そして良い就職をして、そして良い嫁さんを貰って、そして良い家を持って、そして良いポストについて、そして良い天下り先を見つけて、そして良い老後を過ごして、そして良い墓に入る。

これが幸せの設計図ではないだろうか。

今に生きるということ

しかし決して満足する人生ではなかったと皆感じるだろう。

なぜかと言うと、今に生きていないからである。

目標が達成された時々で次の目標が立てられて、今を楽しむことが出来ていないからである。

人は今でない未来の一点に生きようとしても生きることは出来ない。

生きてるように見えても、今をおろそかにして幻想に生きている。

何かをしながら英語を聞き流しても決して英語を話すことが出来ないように、上の空で生きても決して物事は成し遂げることは出来ない。

過去にも生きることは出来ない。

本当に生きることが出来るのは、今この瞬間しか絶対にない。

夢を叶える一番重要なこと

夢を持つことは決して悪いことではない。

生きる励みになるし何より夢が叶った時を想像するのは楽しいものだ。

一番重要なことは夢を大きく描き、その後それをなるべく意識しないようにし、出来たら忘れてしまうことだ。

そうすることにより、夢と言う未来に引きずられることなく夢は夢としておいて置き、今この時を十分に生き切ることができる。

今を十分に生き切れば生き切るほど夢が叶う期間が短くなる。

これが夢を叶えるコツである。

人生で一番幸福なこと

いくら夢を叶えたところで人は幸せにはなれない。

一月二月は舞い上がり幸福感を味わうかもしれない。

しかしすぐに幸福感は薄れて次の欲望に向かわなければならないからだ。


人が一番長い間幸せを感じることが出来るのは、人とのふれ合いのようなコミュニケーションしかないだろう。

大きな夢を叶えたとしても、孤独で誰も振り向いてくれないならむしろ空しさが募るだけだ。

幸福を蝕む罠

アルコールに依存してくると人とのコミュニケーションが取れなくなってくる。

人との何気ないふれ合いより、酒のことで頭が一杯になってくる。

世の中で酒が一番の魅力になってくる。

酒を飲むことが一番の夢になってくる。

酒は幸福を蝕む魔物でもある。

 

スポンサーリンク

 

 

あなたの夢が叶いますようにポチットしてください

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ