レグテクト(アカンプロサート)を使ってみる

5年ほど前まではアルコール依存症とうつ症状が酷く、

世間体のため病院には絶対行きたくない思いから、

藁をも掴む思いで色々な薬・サプリメントを試しました。

 

その1つとして、2013年に日本の病院で初めて

処方できるようになったレグテクト(アカンプロサート)を

使ってみました。

飲酒欲求を抑える薬

レグテクトは酒を飲みたいという欲求を

脳内から消してくれる効果があります。

 

酒を飲みたいという欲求は、

脳内でグルタミン酸が分泌されることにより発生します。

このグルタミン酸が分泌されると、

酒を飲みたい欲求を抑えきれずに飲んでしまいます。

 

レグテクトは、このグルタミン酸を抑制する効果が

あることが分かっており、酒を飲みたい欲求そのものを

抑えることができます。

 

以前から抗酒薬でノックビン、シアナマイドはありましたが、

酒を肝臓で分解されないようにする薬で

強制的に飲めないようにするものでした。

 

薬の効果には個人差がある

レグテクトは日本では医者に処方されるしかありませんが、

自分は病院には絶対行きたくないおかしなプライドがあり、

5年ほど前にネットで購入できることを知り

アメリカから個人輸入しました。

 

このレグテクトは、1980年代からフランス、

その他の国の病院で処方されていて、

日本だけが30年ほど遅れて許可になった薬です。

 

レグテクトを3ヶ月ほど飲んでみましたが、

結論から言って自分にはそれ程効果は感じられませんでした。

アルコール依存症、うつ症状に効く薬・サプリメントは、

ネットの口コミなどを参考に色々試しましたが

個人差があり自分に合ったものに出会うまでが

結構大変です。

 

日本では許可されていない薬・サプリメントを

世界中から個人輸入することができる時代ですが、

自己責任で購入しなければならないのは

言うまでもありません。

 

以前このブログで書いたセントジョーンズワートペリカ

効果が出るまでに時間はかかりますが、

その分安全に飲むことができて自分には非常に合うサプリメントで、

レグテクトより数段効果が実感できました。

 

スポンサーリンク

 

 

あなたの夢が叶いますようにポチットしてください

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ