どうして働くのだろう

休日を楽しむために仕事を耐え忍ぶ

変化を求める心

もうかれこれ40年近く働いています。

いつも仕事は苦しく、辞めたいと思いつつ辞めないで働いている。

以前、やっとの思いで連続2週間の休みを取り、

念願の海外旅行に行ったことがあるが、

後半は旅行を止めて早く日本に帰りたいと思った。

 

定年退職したら1年中旅行三昧したいなどと皆言うが、

せいぜい1ヵ月で嫌になると思う。

 

人間って我儘なもので常に変化を求めたがる。

死んだら天国に行ってお花畑のような所で幸せに暮らすなどと言うが、

3日もいたら死ぬほど飽きるだろう。

【SPONSORED LINK】
 

毎日が日曜日は辛い

事情があるにせよ毎日が日曜日では辛い。

毎日苦しみながら働いているからこそ休日の有難味が分かり、

旅行などをしたいと思うのである。

 

毎日辛いけれども変化があるから暮らしていけるのであって、

変化できることは幸せなことです。

 

働く意義

働くことは単調なことの繰り返しです。

だから長年勤められるのかもしれません。

毎日違った内容の仕事をするとなると身が持たないでしょう。

働くことは単調を耐え忍ぶことと言って良いでしょう。

 

良い休日を過ごすために仕事を耐え忍ぶ、

働く意義はこれで十分ではないでしょうか。

 

若い頃、働いた後の酒は本当に美味しかった。

美味しい酒を飲むために働いていた時期もあった。

毎日のように酒場に繰り出しては午前様になっていた。

酒はどうしてこうも飽きなかったのだろう。

今思うと酒の魔力に取り付かれていたとしか思えない。

そんなことが数十年も続いたのだから。

 

スポンサーリンク

 

あなたの夢が叶いますようにポチットしてください

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ