読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酒はなぜあるんだろう

酒の歴史は古い

古くから酒はある。古代エジプトの遺跡からワインを入れる器が発見されたそうで、おそらく3000年以上も前から酒を楽しんでいたのだろう。

おそらく何かの偶然でワインなどが出来て、それを飲んで気分が良くなりアルコールの製造をするようになったのだろう。

南の島の儀式などにも酒は付きもので、それを飲んで精神を変性状態にして神と繋がるとか連帯感を生むなど様々に使われる。

酒の必要性

数千年も続いてきた事って、やはり人間の生き様に必要だからであろう。

人間が生きるために欠かせない何かが酒にはあるのだろう。

普段生活している事とは別な、もっと本能的な何かに触れるために必要な物なら何千年も続いても不思議なことではない。

空しい現実

普通の生活に飽きて、どこか別の世界に行きたいと思うのは自分だけではないだろう。

最近芸能界などで、相次いで覚せい剤で捕まっているが分からなくもない。

芸能界だけの事ではなく、普通の人々にも広がっているのだろう。

何をしても充実感がなく空しい。

日本人の罹ってる病気だと思う。日本人だけでなく世界中かもしれない。

酒の効用

そんな共通した心が、中東の戦争を象徴しているのかもしれない。

戦争などを起こらないようにしているのがアルコールの一番の効用かもしれない。

イスラム圏ではアルコールは一切禁止されているが、本能的な何かの発散のために必要なものが、酒か戦争かだとしたら酒を取りたい。

酒は案外平和に貢献しているのかもしれない。

20世紀初頭のアメリカの禁酒法は、逆に犯罪を多発させたことなどから、人間を正常に生かすことに欠かせないのが酒だったりする。

スポンサーリンク

 

あなたの夢が叶いますようにポチットしてください

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ