読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

禁酒日記 12日目

輝く人生

心地よく目が覚めた。

今日は何か良い事がありそうだ、なんて思ったのは何十年ぶりだろうか。

働きだしてからずっと朝は苦手だったし、飲酒量が増えれば増えるほど朝を迎えたくない気持ちが強くなっていった。

何時も今日は仕事休もうかと思うのだけれども、何とか気力をふりしぼり出勤していた。

でも今日は違っていた。

出勤途中の草花によく気づき綺麗だと思う。

自分のことで精いっぱいで、草花の事さえ気に留める余裕がなかったのだろう、酒のせいで。

魂がもっと輝きたいと言っているように聞こえた。

細胞レベルの復活

しかし10日間程の禁酒によって、ここまで朝を迎える気持ちが変わることが不思議だ。

精神もそうだが、長年の飲酒で自分の体の調子ってこんなものかと思っていたが、内臓の細胞一つ一つが喜んでいるような感覚がして、体も心も10歳くらい若返ったような気がする。

もう年なので体も段々衰えていくだけだと思っていたがそんなことはない、と言うか今までアルコールの影響で、老化の速度が速すぎたのだと思うべきかもしれない。

体の調子が良いと、心の調子も良くなると言う相乗効果があらわれる。心身一如とは昔の人は良いことを言ったものだ。

スポンサーリンク