読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

禁酒日記 9日目

内臓を意識しない心地よさ

朝の目覚めは爽快だった。

何といっても、アルコールを飲んだ次の朝の、あの胃のむかつきが全くない。

アルコールを飲んでいると常に胃腸を意識しているところがあり、そのことで益々気分がすぐれなくなる。

何十年も胃腸の調子が悪いと、それが普通となりこんなものかといつも思っていた。
禁酒が続くと胃腸を意識することが全くなくなり、アイスクリームとか冷たい牛乳を飲んだ時に、食道と胃に入る感覚が分かるくらいだ。

食欲の回復

食事はどんなものでも益々美味しく感じられて、これが普通の人の心地良い食欲だと思う。

以前のように毎日飲酒をしていた時は、ただ体にむりしゃり食べ物を押し込んでいた感じで、美味しいと思って食べたことはほとんどなかった。

これでは、作ってもらった人にも悪いし、自分の体にも良いわけがないと思う。 

スポンサーリンク