禁酒日記 6日目

【SPONSORED LINK】
 

爽快感の現れ

朝の目覚めが少し爽快になってきた。

6時には起きて坐禅をしてさらに気持ちが良い。

 

依存症の人が朝から酒を飲むのは、

酒が切れて手が震えたり、目がショボショボしたり、

発汗したりと肉体的に苦しいからではない。

圧倒的に精神的に苦しく、切なく、鬱っぽく、

もう人生が嫌だと感じたり、死にたくなったり

するからだ。

これはうつ病の症状と全く同じなのです。

アルコール依存症の人は、ほとんどうつ病に

掛かってると言って良いでしょう。

そんな時に、酒を飲むとそのうつ症状が良くなるので

なおさら酒に手が出ることになり厄介なのです。

 

一口酒を飲むとその精神的苦痛が瞬時に消えるので

酒を止められないのです。

 

そんな苦しい症状も酒の代わりに坐禅をすることによって

改善することができるのです。

こんな素晴らしい能力が人間の体には間違いなく

備わっているのです。

この能力を利用しないのは本当にもったいないことです。

 

胃と腸は益々調子が良くなりご飯がうまい。

寝る前に飲む牛乳は、いつもより美味しかった。

 

スポンサーリンク