読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

禁酒日記 1日目

昨日から、年に2回している2週間の禁酒を始めたので日記を書きます。

睡眠障害が出てくる

1日目
夜は全く眠れない。

午後11時に布団に入ったが目が覚醒してきて午前3時頃までは一睡も出来ず、ウトウトとして4時頃目が覚めとそんなことを3回くらい繰り返して午前7時に起床する。

実質2時間くらい眠れただろうか、目覚めは最悪に悪い。

しかし今日は休日で予定は何も入ってないし、疲れたら昼寝も出来るとの言い訳で何とか起きることができた。

うつ症状の出現

それにしても鬱っぽく、全てが嫌になったという気分である。

しかし、以前休日朝から連続飲酒した次の日の出勤前のあの朝の死にたくなるような気分に比べたら10分の一くらい楽である。

これから2週間の禁酒生活に入る初日である。

心身ともに健康になるための儀式であり、一生酒を飲んでいられるためには、どうしても通らなければならない2週間の禁酒である。

坐禅の効果が現れる

午前8時から坐禅を始める。

何時ものことだけれども、深い呼吸をしても最初は雑念が次々と現れてなかなか集中できないけれども、15分くらい経過した頃から急に呼吸が楽に出来るように感じ、あのどうしようもなかった鬱っぽくて全てが嫌になったという気分が少しずつ楽になってくる。

不思議な感覚であるが、これがセロトニンという脳内物質が出てきた証拠である。

25分もすると体中にエネルギーが充満してくるのを感じる。

子供時代に感じた何も恐れることがない自由な感覚に近いような気がする。

30分で座禅は終了。

これ以上続けても、今の自分では眠くなってきたり、雑念だらけになりかえって坐禅の効果が薄れるような気がする。

短時間集中の方が終わった後の爽快感が長続きする感じがする。

その後、11時頃から朝昼兼用の食事を取る。

離脱症状は自分の弱いところに出る

 自分の場合の離脱症状は、目に集中的にくる。

朝起きた時の大量の目ヤニと乾燥感。洗顔後は特に瞼から出る油分(マイボーム腺からの油)が少なくなり目がショボショボして非常に不快である。

酒を飲んでいると毎日大量の脂が顔全体に広がり、3時間ごとに濡れタオルで顔を拭かなければいられないくらいで、それが目の乾燥を防いでいてくれている。

それが特に40歳を過ぎたころからの習慣になり、それで目の乾燥も自然と防げた訳であるが、禁酒したとたんにその油が減少して目の乾燥をまねく結果となる。

ドライアイの酷い状態である。

それと禁酒初日から目の見え方がガクンと下がる。視力は高校生時代から両目とも0.03くらいで、眼鏡補正すると1.2くらいまで上がるも、禁酒するととたんに、眼鏡をしても0.7くらいの視力に下がってしまう。

これはドライアイの影響と思われる。

本当に酒の影響力というか、初日から思い知らされる。

その他離脱症状としては、手の震えである。

コーヒーに砂糖を入れることが出来ないくらいに手が震える。

特に人前では酷く、文字を書く手も当然震えて情けないが小学生並みの字しか書けない。

二回目の坐禅

 午後4時に二回目の坐禅を始める。

朝と違い雑念が多く湧き集中はあまりできないが、気持ちが楽になる感じは十分する 。

その後夕食を取り、その後入浴読書となるべく暇な時間を作らないようにして就寝する。

スポンサーリンク