坐禅を取り入れる意味

セロトニンという救世主

坐禅は静かに腹式呼吸を行い雑念は出るに任せてほっておくと、セロトニンと言う脳内物質が出てきて憂鬱な気持ちをなくしてくれる素晴らしい効果があります。

自分の経験から言ってアルコール依存症の方の憂鬱感、離脱症状の緩和にものすごく効果があります。それと意志の力がすごく強くなること。

これは毎日坐禅を継続して行うことで忍耐力が養われ、何かを成し遂げる心の力が付いてきます。

これは酒を飲まないでいることを継続することに大変役に立ちます。

畳半畳があれば自宅でできますし、何よりお金は一切かかりません。

是非とも1日30分、最低1か月は行ってください。

最初は中々効果を実感できませんが、諦めずに継続することが何よりも大切です。

1か月も継続すると心が落ち着いてきて、本当に心地良い気持ちが沸き上がってきます。

そうなればしめたものです。

坐禅により本能部分を修復することができる

長期間の飲酒は、人間の脳の本能の部分を徹底的に痛めつけます。

それも時間をかけて、少しずつ理性になるべく気づかれないように巧妙に行います。

理性が気づいた時は、もう理性ではどうにもできない状態に持っていきます。

そこまで行くと、普通の意志の力とか病院の勉強会などで治るような生易しいものではなくなります。

坐禅は人間の脳全体を活性化させることが、最近の脳科学で分かってきました。

特にセロトニンなどが分泌されて、本来の感受性豊かな脳を取り戻すためにも絶大な効果があることが分かってきたのです。

アルコールにより本能部分が壊されたのなら、本能部分を修復して立ち向かうしか道はないのです。

何度も言いますが、自宅でお金も一切かからない坐禅という方法でそれが可能なのです。

あなたの人生を変えるために、是非とも坐禅を取り入れた節酒生活をお勧めします。

f:id:kagayakujinsei:20170404044431j:plain

スポンサーリンク