読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アルコール問題の新しい取り組み方

アルコール依存症治療の現状

日本の人口増加は横ばいであるにも関わらず、アルコール依存症の人は年々増加しているという。

ストレス社会で酒を飲まなければやってられないということなのだろうか。
現在、依存症の治療は断酒しかなくて、しかも一生酒を飲むことが許されないと言われている。

10年間断酒をしても一口飲むと元の依存症に瞬時に戻るとも言われる。又、アルコール依存症患者の回復率は10パーセント程度とも言われる。
これは20年前にネットで初めて見た有名な断酒専門病院の先生が言っていた内容とほとんど変わっていない。

依存症患者とは、今も昔もあまりにも惨めで救いようのない患者とされている。

そして、患者がこの回復率を聞いただけで皆「絶対無理」と思うだろう。この回復率では、馬鹿らしくて断酒する気にならない患者も多いだろう。

仮釈放なしの無期懲役の人(死ぬまで刑務所から出られない人)が、はたして希望を持つことが出来るだろうか。

依存症の人もこれと同じで希望など持てないだろう。

 アルコール依存症患者も希望は必要である

 古き時代から、人は希望なくして生きられないと文豪たちは口をそろえる。
アルコール依存症の人にも絶対希望は必要であり、それなくして回復しようとするエネルギーは湧いてこないだろう。

何十年も変わらぬ、従来型の抗酒薬(最近はレグテクトも使われる)を使った無理矢理な断酒方法がはたして良いのだろうか。

なぜ何十年も依存症からの回復率がこんなにも低く変わらないのでしょうか。

癌治療の目覚ましい発展

 癌の治療を例にとると、昔は外科的な切除手術・抗癌剤放射線が治療の中心で、その後、免疫療法、癌分子標的薬、ワクチン療法、陽子線治療、重粒子線治療、遺伝子を解析した治療等、毎年のように新しい治療法が出てきて治癒率を上げているのが実情である。

アルコール依存症治療の新しい試み

 相変わらず今日もネットで、アルコール依存症の治療は断酒しか道はないと有名な断酒専門の医師が声高らかに主張している。

 にもかかわらず、断酒のために入院している患者は、そのほとんどが再入院を繰り返すと言う。
このブログを始めるきっかけは、断酒一辺倒の治療法しか本当にないのだろうかという、自分の経験から感じる疑問から始まった。

人それぞれに個性があり、幾種類もの治療法から選ぶというのが本来の医療の姿ではないだろうか。

ダイエットでリバウンドするとは誰しも知る有名な言葉であるが、無理な食事制限をすると食欲が以前の何倍も強くなり、急速に太りだすという現象である。

断酒にもこれは当てはまる。絶対飲めないと思えば思うほど飲酒欲求は急速に強くなる。

10年前に自分は禁煙に成功している。

その秘訣は、無理にタバコを遠ざけないでいつでも吸えるように常に胸ポケットにタバコを忍ばせていたことだった。

いつでも吸えるという状態は不思議と安心感を生み出した。

一見逆効果と思われることが秘訣になることはよくあることである。

これがそのまま酒に当てはまる訳ではないが、断酒一辺倒の依存症治療に何度も失敗している人は、それ以外の方法を模索することも必要と感じる。

坐禅を通して夢のある依存症治療を行う

一生断酒という道を選ぶか、何とか週二回の休肝日を作りだし、節酒しながら送る人生を選ぶかはあなたしだいである。。

自分は片足をアルコール依存症という魔物に突っ込みながらも、坐禅をすることを通して断酒をすることなく夢のある節酒を続けている

現在酒で問題を抱えている人たちに、ささやかでも希望を与えられるかもしれないと言う思いでこのブログを立ち上げました。

スポンサーリンク